FC2ブログ
笑ってしにてぇ!!~人生一度きり、最後まで笑うために何かしよう~  人生の最後、笑って逝くために、一度きりの人生を悔いの無い様楽しみたい!そう考え行動する男のブログです。
10≪ 2018| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
紅葉日記の続き~花貫渓谷編~
この前の続きで、サザエさんのオープニングにも出てきたトコ

「花貫渓谷」っつーとこにも行ってきました☆

s-L04A0048.jpg

丁度俺の左上あたりに同じ感じの角度で出てる木が

サザエさんの横に描かれてた木です

s-L04A0050.jpg

このつり橋の下に川が流れてまして

その川の横に面白いモンがあったんでそれはまた今度☆

このつり橋に着く前に寄ったとこもありまして

s-L04A0044.jpg

なんだか伝説があるみたいで

s-L04A0042.jpg

こう書いてあります



「名馬里ヶ淵の伝説」

昔、この川下の野々平にすむ伊兵衛の家に

一頭のめす馬がいました。

この馬はいつもこの辺へきて淵で遊んでいました。

この淵のぬしは大蛇でした。

やがて、この馬は子馬を生みました。

ふしぎなことにこの子馬は

馬小屋の出入口にわたしてある棒の上にねていたり、

樹の上に登って遊んでいたりしました。

伊兵衛や村びとは、この馬は

大蛇の子にちがいないと驚き

淵の中へ投げこんで沈めました。

すると、急に空が暗くなり、

はげしい風雨がつづき大洪水となり

野々平は流されてなくなりました。

それ以来 この淵を

名馬里ヶ淵と云われるようになったと伝えられています。

高萩の昔話と伝説より


人間の弱さとか愚かさとかを感じる伝説ですな

こんなに赤い落ち葉のじゅうたん広げて

s-43.jpg

そんな真っ赤な地面見てたら

大蛇と雌馬は悲しかったんだろうな~って思いました


次回こそお待たせ、太すぎるアレの登場だ!!


br_decobanner_20100703162959.gif
  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
  ブログランキングです!
クリックして票を入れて下さい!!
  おねがいします(^皿^)
スポンサーサイト
2010'12'03(Fri)16:45 [ 楽しい休日 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


朝からじーんとした
なぜに人はそんなに愚かな生き物なんだろうね
2010/12/06 07:54  | URL | あ!なるぅ~ #- [edit]


弱いよな~

その保身が人間をここまで繁栄させたのかもな
2010/12/06 10:09  | URL | TAKA #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://takastoybox.blog20.fc2.com/tb.php/75-62162661
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。