FC2ブログ
笑ってしにてぇ!!~人生一度きり、最後まで笑うために何かしよう~  人生の最後、笑って逝くために、一度きりの人生を悔いの無い様楽しみたい!そう考え行動する男のブログです。
10≪ 2018| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
Facebook やっと使う気になってきたのに
流行りが落ち着いたこの頃

とうとうFacebookをちゃんとやってみようなんて考えてたら

こんな記事を見つけた


以下抜粋

「フェイスブックが幕を閉じる日が近づいている
新規サービスが続々登場、すでに淘汰の段階に入った

ソーシャルメディアの中でもフェイスブックの
悲観的な将来が各方面で論じられている。
筆者は「フェイスブックが消滅する日」(月刊文藝春秋)
という記事で、「巨人」の衰退論を展開した。
もちろん仮説だが、それを裏づけるいくつもの徴候はすでに表出していた。

1年前から熱が冷めていた米国

その1つは、米国内に限ってのことだが昨年の夏頃から、
「フェイスブックのピークは過ぎた」という言説が出回っていた。

今年1月から4月までの1カ月平均の利用者数は、
昨年下半期の平均と比較してすでに減少し、「熱が冷めた」との意見もある。

そして米国で取材を続けると、フェイスブックに対する
悲観論を口にする人は1人や2人ではなかった。

「パーティーは終わった」という表現を使う人もいる。

米国以外の各国では依然として利用者数は増え続けているが、
本家ではすでに「飽きた」という声が多数聞かれた。

2つめは投資銀行アイアンファイア・キャピタルの創業者
エリック・ジャクソン氏の消滅論だった。


あと5~8年で消滅する


「フェイスブックは今後5年から8年で
完全に消滅すると思う。それはIT業界の流転の
速さによるもので、フェイスブックは完全に飲み込まれる」

IT業界に通じた氏は、業界の将来を見据えるだけでなく、
売り上げの8割を広告に頼るインターネットサービス企業
という特質に弱点があるとみる。

「フェイスブックはアップルのようなハードウエア企業ではありません。
さらに次世代はモバイルが主流になる運命にあります。

モバイル専用のプラットフォームによって
一般のパソコンでは動かないアプリが業界を席巻してきます。
フェイスブックがモバイル専用の広告掲載を始めたのは今年6月からで、
すでに出遅れています」

フェイスブックやリンクトインといった
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)は
次世代のモバイル中心の波に飲まれると予測するのだ。」



以下略 抜粋以上
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36101

流行りが落ち着いてやっとやる気になってきたらコレだ。

何も終了までしなくてもいいのに(*_*)

まだ予測段階だろうけど
初めから日本人には向いてないサービスだった事は確か。

実名登録とか嫌がる人が多いもんな。

まぁでも、超稼いだじゃん、ザッカーバーグ!



フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
スポンサーサイト
2012'09'20(Thu)15:11 [ 時事ネタ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://takastoybox.blog20.fc2.com/tb.php/153-b4e1ff6c
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。